話題のサバ缶で!『サバ缶パッツァ』

今回紹介するレシピは『サバ缶パッツァ』サバに含まれるEPA・DHAには認知症予防、動脈硬化予防、中性脂肪を抑制するなど高齢者に特に嬉しい効果があります。簡単にできるレシピなので、ぜひお試してみてはいかがでしょうか。

『サバ缶パッツァ』の健康効果

サバに含まれるEPA・DHAは、私たちの体内で作られず、食事から摂取する必要のある必須脂肪酸です。EPA・DHAには、認知症予防、動脈硬化予防、中性脂肪を抑制するなど高齢者に特に嬉しい効果があります。
1日1食は、魚をつかった料理にするのがオススメですので、サバの水煮缶を使うと手軽に摂取できます。魚の缶詰は、最もおいしい旬の時期に水揚げされ加工、栄養も生の魚より高いので、ぜひストックしながらとりいれていくといいでしょう。
ブロッコリーには、葉や茎部分まで他の食材では摂取できない栄養成分が摂取でき、とくに野菜の中でもビタミンCの含有量が非常に多く、ブロッコリー100gで120mgが摂取できます。
トマトの皮は、栄養が豊富でリコピンなどのポリフェノールが多く含まれています。
実は栄養分が多く含まれているのは皮の近くなので、小さいミニトマトの方が全体に対して皮部分の割合が多く、リコピン含有量も多いです。
リコピンは脂溶性で、油で調理をすることでリコピンの吸収を高めることができます。

期待できる効果

  • ・認知症予防
  • ・メタボ予防
  • ・動脈硬化予防
  • ・低栄養予防
  • ・腸内環境を整える
  • ・アンチエイジング
  • ・がん予防

簡単ですので、お弁当にあと1品足したいときにも便利。
冷めたら、作りおきの保存容器にいれて、冷蔵で3~4日保存可能です。

麻生れいみ先生

『サバ缶パッツァ』のレシピ

【材料(作りやすい分量)】

  • ・サバ水煮缶:1缶 
  • ・ミニトマト:6個 
  • ・ブロッコリー:1/4株
  • ・にんにく:1かけ 
  • ・オリーブオイル:大さじ2
  • ・白ワイン:40ml 
  • ・塩、粗挽きこしょう:各少々
サバ缶パッツァ材料(シニアのあんしん相談室)

【作り方】

  1. 1.フライパンにオリーブオイルと潰したにんにくを入れて弱火にかけ、サバ缶を缶汁ごといれる。
    サバ缶パッツァレシピ1
  2. 2.プチトマト、一口大に切ったブロッコリー、白ワインを加えて強火で2分ほど、蓋をして煮込む。
    サバ缶パッツァレシピ2
  3. 3.蓋を取り、さらに2分ほど煮込む。塩、こしょうで味を調える。器にいれて出来上がり。
    サバ缶パッツァレシピ3

監修

管理栄養士 麻生れいみ

大手出版会社の編集・ライターを経て、服部栄養専門学校栄養士科卒業。企業の特定保健指導・栄養相談を務める傍ら、病院の臨床研究において栄養療法を監修。医療と予防医学、栄養学を深く結びつける役割を担うべく、料理研究を行う。ダイエット指導においては、自らもやせた経験を基に、これまで約6000人以上に指導。その他、飲食店メニュー開発、調理指導、フードコーディネート、講演等、活動は多岐にわたる。著書に『作りおきでやせぐせがつく糖質オフバイブル』(主婦の友社)、『20kgやせた!10分ごはん』(宝島社)、『麻生れいみ式ロカボダイエット』(ワニブックス)、『脂肪と疲労をためるジェットコースター血糖の恐怖』(講談社)、『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』(光文社)など多数。

出版書籍のご紹介

【「ごはん」は最後に食べなさい】

  • 「麻生式ロカボダイエット」で、テレビでも話題の管理栄養士・麻生れいみさんの最新刊
  • 「デニッシュより、クロワッサン」「ショートケーキより、バニラアイス」など、血糖値をあげない食べ方を分かりやすい比較で紹介しています。
  • ・単行本(ソフトカバー): 144ページ
  • ・出版社: マガジンハウス (2018/11/22)
 

【ボケないレシピ】

  • 「麻生式ロカボダイエット」で、テレビでも話題の管理栄養士・麻生れいみさんの最新刊
  • 今日の食事が、明日の脳を作る!!食生活に気を付ければ、認知症は遠ざけられる!脳の血管を守り、修復するための栄養成分を多く含んだ食材&調理法を紹介。
  • ・単行本(ソフトカバー): 128ページ
  • ・出版社: 光文社 (2018/10/17)
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
WEB限定 お弁当を注文された方に全員にあんしん相談室からお茶1本プレゼント!!WEB限定 お弁当を注文された方に全員にあんしん相談室からお茶1本プレゼント!!