窒息や誤嚥性肺炎につながる『誤嚥』に注意!原因と予防方法

「誤嚥(ごえん)」とは、食べ物や飲み物が誤って咽喉や気管に入ってしまう状態のこと。窒息のリスクがあるだけでなく、誤嚥性肺炎につながる可能性もあります。誤嚥の原因や、注意するべきタイミング、予防方法、起こってしまったときの対処方法を紹介します。

【誤嚥の種類と原因】

「誤嚥(ごえん)」とは、口から入ってきた食べ物や飲み物が誤って喉頭と気管に入ってしまう状態のことです。
食事中に食べ物や飲み物が気管に入ってむせるという体験をしたことがある人も多いでしょう。 食べ物や飲み物が気管に入ると激しくむせるのは、誤嚥を防止するための防御反応です。むせ込むことで誤って入ってしまった食べ物を気管の外に出そうとしているのです。このような誤嚥を「顕性誤嚥」といい、本人や周りの人もすぐに気がつきます。
しかし、誤嚥に対する防御反応が低下すると誤嚥をしてもむせないことがあります。それを「むせのない誤嚥(不顕性誤嚥)」と言います。この状態では、誤嚥した食べ物が気管の中に入ったままの状態になるので注意が必要です。不顕性誤嚥の場合は、食事の時に限らず、眠っているときなどにも知らない間に唾液などの誤嚥を繰り返してしまっていることがあるのです。

ではなぜ誤嚥は起こるのでしょうか。
誤嚥は嚥下機能に問題があることによっておこります。(嚥下障害について詳しくは「誤嚥やむせが起こりやすくなる「摂食・嚥下障害」とは?原因や症状を紹介」をご覧ください) 原因は様々ですが、のどや舌などの構造そのものに問題がある場合(器質的原因)、神経や筋肉などに問題がある場合(機能的原因)、心理的な疾患が引きおこる場合(精神心理的原因)があげられます。
高齢者の場合、加齢により筋肉や反射が低下することで起こることが主な原因となります。加えて、軽い重いに関わらず、脳梗塞や脳出血などを発症した人も嚥下障害を起こす可能性もあります。

健康時にもむせや咳が起こることはありますが、頻繁に繰り返す、痰が増える、食事量が少なくなっているなどの症状が見られると、気が付かない間に誤嚥をしている可能性もあるので注意をしましょう。

【誤嚥が発生するタイミング】

「誤嚥」と聞くと、「飲み込む瞬間だけ注意すれば大丈夫でしょ?」と考える人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。誤嚥の起こるタイミングは大きく3つあります。

  • 1. 嚥下前の誤嚥

    食べ物を噛んでいる最中などに起こります。食べ物や飲み物を飲み込む動きが始まる前にだらだらと気道に食べ物や飲み物が流れ込んでしまうことで起こります。

  • 2. 嚥下中の誤嚥

    食べ物を飲み込もうとするときに、うまく気道をふさぐことができず、食べ物や飲み物が気道に入り込むことで起こります。

  • 3. 嚥下後の誤嚥

    のどに残った食べ物が気道に入ってしまうことで起こります。

さらに、食事中以外にも寝ているときも誤嚥のリスクはあります。唾液が気管の方に流れてきて、気が付かないうちに誤嚥をしているというケースです。このような誤嚥を繰り返し、肺に細菌が入り込んでしまうと誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)のリスクも高くなってしまうのです。

【誤嚥の予防方法】

食事中の誤嚥を防ぐためには、姿勢・食事内容がとても大切です。

食べやすい(飲み込みやすい)姿勢で食べる

  • <いすに座って食べる場合>

    首は前方に少し曲げた姿勢をとり、少しあごを引き気味にします。 食べるときには手で箸や皿を持ち、顔をテーブルに近づけたりするため重心が前方に移動します。腹筋や背筋に加え、足でしっかり踏ん張る力が必要になります。そのため、足は床にしっかりとつけます。 上半身は安定させるために背中にクッションやタオルを入れて調整します。

  • <ベッドで食べる場合>

    ベッドは背もたれが30~60度になるようにします。(人によって異なりますので、調整が必要な場合があります)首が後ろにそらないように頭に枕やクッションを置きます。 ベッドの場合も足でふんばることができる体勢が必要です。ひざは軽く曲げ、ひざ下にクッションなどを置き、合わせて足の裏にクッションをぴったりくっつけます。

食べやすい(飲み込みやすい)食事内容にする

食べにくい食感のキーワードは「ボロボロ」「パサパサ」「サラサラ」「ペラペラ」です。このような特徴を持った食材を食べると、むせたりする可能性も高くなるため注意が必要です。
逆に食べやすいものは、一度で口に入る大きさのもの、かたさが均一のもの、口の中でまとまるものです。 大きめの食材であれば少し小さめに切ったり、やわらかく煮込んで均一のかたさにしたり、つなぎを入れたりなどの工夫をしましょう。

また、誤嚥を予防するためには、嚥下機能を回復させることが大切です。手術などの治療方法も中にはありますが、ほとんどの場合リハビリテーションで改善できます。
自宅でできるトレーニングもあるので、生活の中に取り入れてみましょう。

  • 1. 呼吸のトレーニング(腹式呼吸)

    息を吐くときにお腹を引っ込め、吸い込むときにお腹を膨らませるのが腹式呼吸です。 仰向けになって両手でお腹に手を当ててふくらんだりへこんだりするのを確認しながら行ってみましょう。息を吸う吐くを3~5回、1日に数回繰り返しましょう。

  • 2. 発音のトレーニング

    「パ行」を発音します。ゆっくり、はっきり「パ・ピ・プ・ペ・ポ」を繰り返し発音しましょう。

  • 3. 口のトレーニング

    頬を膨らませたり、へこませることを2~3回繰り返します。大げさに動かすと効果的です。

  • 4. 首のトレーニング

    肩の力を抜いて首をゆっくり回します。左右1回ずつ回しましょう。

【誤嚥をしてしまったときの対処方法】

どんなに気を付けていても、時には誤嚥が起こってしまうこともあるでしょう。
食べ物が気管につまってしまうと窒息の危険があります。意識がないときには、一刻を争うケースもあります。誤嚥をしてしまったらまずは食べ物を取り出すことが第一です。
咳き込んだり息苦しそうな音がする、苦しいジェスチャーを取る、顔が赤くなり唇が青紫色になる、という症状は誤嚥や窒息のサインです。見落とさないように注意をしましょう。

自分が誤嚥をしてしまったとき、周りに人がいる場合はまずは助けを求め、必要に応じて救急車を呼んでもらいましょう。周りに人がいない場合は、できるだけ強い咳をして取り除きます。うまく咳込めない、せき込んでも食べ物が取り出せない場合は救急車を呼びましょう。
誤嚥をしてしまっている人がいたら、まずは慌てずにその人に意識があるか、正常に呼吸をしているかどうかを確認し、以下のように対処をしましょう。

・意識がある場合

意識がある場合は、まずは強い咳をするよう促します。 咳をしても取り出せないときは次のように対処しましょう。

  • 1. 指でかきだす

    口を大きく開けてもらいつまったものが見える場合、指を入れて取り出します。詰まったものがのどの奥に入っていかないように体勢を横向きに保ちましょう。
    このとき、指をかまれる可能性があるのでハンカチやタオルを巻いておこないましょう。

  • 2. 背部叩打法

    咳もできずに窒息している場合には、背部叩打法(はいぶこうだほう)を行います。
    対象者をうつむかせて、片手を対象者の上腹部(へそより上の部分)に当てて、もう一方の手のひらの付け根で両肩の肩甲骨の間を叩きます。強めに4~5回迅速にたたきましょう。口の中を見て、詰まったものが出てきたら取り出します。

    背部叩打法(はいぶこうだほう)

意識がなくなっている場合

すぐに救急車を呼びましょう。その電話で救急車が到着するまでの指示も仰ぐようにしましょう。

なお、窒息事故が発生した食べ物は、もち・ご飯・飴・パン・寿司・おかゆ・リンゴ・団子・バナナ・カップ入りゼリーなどがあげられます。このような食品を食べるときには、特に注意をしましょう。

【まとめ】

飲み込む力は加齢によって衰えていきます。そのため、食べ物をのどに詰まらせる事故も度々発生し、窒息して亡くなってしますケースもあるのです。さらに、窒息などの事故だけでなく、誤嚥性肺炎の原因にもなります。
誤嚥を防ぐに最も大切なことは、嚥下機能を改善することが大切です。今回紹介したようなトレーニングを日常生活の中で実践してみましょう。

≪関連の記事はこちら≫

お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
WEB限定 お弁当を注文された方に全員にあんしん相談室からお茶1本プレゼント!!WEB限定 お弁当を注文された方に全員にあんしん相談室からお茶1本プレゼント!!