適切な介護食とは?介護食の種類と選び方のポイント

加齢とともにかむ力(咀嚼力)や飲み込む力(嚥下能力)に障害が出てくる人が増えてきます。食べるための機能が低下すると、食べる楽しみが減り、食べる意欲・食欲の低下につながります。その結果、必要な栄養を取り込むことができずに、低栄養状態や健康状態が悪化する可能性もあるのです。<br /> そこで重要なのが、障害の程度に合った「食べやすく」「おいしいと感じる」食事です。ここでは、かむ力や飲み込む力が弱くなった人でも食べやすい「介護食」について特徴や種類・選び方を紹介します。

【介護食とは?】

個人差はありますが、加齢とともに身体の様々な機能が衰えます。それは、食事をするのに必要であるかむ力(咀嚼力)や飲み込む力(嚥下能力)も例外ではありません。
かむ力・飲み込む力が低下すると、それまで食べてきた食事もかみにくい・飲み込みづらいと感じるようになり、食欲の低下や誤嚥(食べ物が気管に入ってしまうこと)を引き起こす可能性があります。そのため、高齢者の食事には食べやすくする工夫が必要です。食べやすいように工夫された食事が「介護食」なのです。

【介護食の種類を知ろう】

「介護食」といっても、かむ力や飲み込む力の差により、食べやすさは異なります。ドロドロなポタージュ状のものしか食べられない人もいれば、通常の食事よりやわらかければ食べられる人まで程度の差は大きくあります。 様々な分類方法がありますが、ここでは「刻み食」「ソフト食」「ミキサー食」を紹介します。

・刻み食

通常の食事を細かく刻んだ食事を「刻み食」と言います。 飲み込む力はありながら、かむ力や弱くなった方に適しています。ただし、細かく刻んであるため食べ物をまとめにくく誤嚥につながりやすいということで危険視する面もあります。
≫「実は危険な刻み食!刻み食の正しい食べ方を知りましょう。

・ソフト食

やわらかく煮込んだり、一度食材をミキサーにかけてもう一度固めたりすることで、歯茎や舌でつぶせる程度のやわらかさにした食事を「ソフト食」と言います。 ソフト食の中でもやわらかさは歯ぐきでつぶせる程度のものからほとんどかむ必要のないものまであります。かむ力も飲み込む力も低下してきた方に適しています。
≫「ソフト食とは?見た目そのままで食べやすい介護食

・ミキサー食

食べ物をミキサーにかけてドロドロなポタージュ状にしたものを「ミキサー食」と言います。 かむ力がほとんどなく、飲み込むことが難しい人に適しています。ソフト食よりもかむ力や飲み込む力が低下した人の食事と言えます。ミキサー食は、その形態ゆえに飲み込む意識がなくても思いがけずに喉に流れ込んでしまうことがあり誤嚥につながる可能性もあるため、粘度には特に注意が必要です。
≫「食欲低下に注意!ミキサー食の特徴と注意すべきポイント

【身体にあった介護食はどう選ぶ?2つの介護食の選び方】

介護食は、刻んであるもの・歯茎でつぶせる程度のやわらかさのもの・ミキサーで液状になっているものなど、様々な種類がありますが、お身体にあった形態であることが大切です。 「身体にあったものを選べと言われても、どう選べばいいの…?」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。そこで、介護食を選ぶ方法を2つ紹介します。

1. 専門家に相談する

餅は餅屋というように、介護食選びに悩んだときは、専門家に聞くのが一番確実な方法です。
病院のお医者さん、ケアマネージャー、デイサービスに通っているのであれば介護職員などです。介護に携わっている方は、介護のプロです。食事の時に気を付けるべき具体的なアドバイスもいただけるでしょう。
介護食をはじめるタイミングはもちろんのこと、お身体状態や食事のときの動作・行動に変化を見つけたタイミングでも都度相談して、最適な介護食選びをすることをおすすめします。

2.「ユニバーサルデザインフード」「スマイルケア食」の指標を目安にする

身体の状態にあった介護食を選ぼう!介護食の分類方法」でも紹介していますが、介護食の区分の方法として、「ユニバーサルデザインフード(UDF)」や「スマイルケア食」があります。市販の介護食では、これらの指標が商品のパッケージに表示されているものも増えてきています。以下で紹介するフローチャートで自己診断をしてみて、一つの基準として参考にすると良いでしょう。

■「ユニバーサルデザインフード」の選び方
ユニバーサルデザインフード(UDF)は日本介護食品協議会が定める基準です。

ユニバーサルデザインフードの選び方

フローチャートにより、ユニバーサルデザインフードでの区分1~区分4までに分類されます。 区分1は常食に近く、区分4になると、かむ力や飲み込む力がかなり弱まっている状態になります。それぞれの区分でのかむ力や飲み込む力の目安は下記の表のとおりです。同じ食材を使っていても、区分によって、適する調理方法が変わります。


ユニバーサルデザインフードの区分目安

ユニバーサルデザインフードの登録商品は、2017年5月末時点で1,853品目が登録されています。ユニバーサルデザインフードの生産量は、2010年より7年連続2ケタ増で伸び続けています。 市販の介護食を選ぶときには、ユニバーサルデザインフードの区分も目安にしてみましょう。

※出典:「日本介護食品協議会」

■「スマイルケア食」の選び方

スマイルケア食は、農林水産省が整備した新しい介護食品の枠組みです。
かむことに問題がある人向けの食品(黄マーク)、飲み込むことに問題がある人向けの食品(赤マーク)、かむことや飲み込むことに問題はないが栄養補給を必要とする人向けの食品(青マーク)という大きな3つの枠組みがあり、それぞれ色分けをされています。
飲み込むこと・かむことに問題がある人向けの食品であればさらに細かい分類があります。
消費者が市販の介護食品を選ぶのに役立つものとなりますので、スマイルケア食の分類も一つの基準としてみると良いでしょう。


スマイルケア食の選び方 ※出典:農林水産省「スマイルケア食(新しい介護食品)」

【介護食を始めるときのポイント】

食べる機能の低下による食欲低下や誤嚥などを防ぐために、食べる人の状態に合わせた食事選びはとても重要であり、程度によっては介護食にする必要もあります。 しかし、ここで最も気をつけたいポイントは「見た目のおいしさ」も大切にすることです。 介護食は、通常の食事と比べるとどうしても見た目の美しさ・美味しさは劣ります。ミキサー食になると、見ただけでは元がどんなメニューだったのか分かりません。これでは食欲は減退させてしまい、低栄養や健康状態の悪化を招きかねません。
少しでも食欲を増進させるために、色んな種類の食器を使ったり、見た目をきれいに盛り付けたり、調理前(介護食に調理する前)の食事を見せたり、などの工夫をしましょう。

また、かむ力や飲み込む力は使わないとどんどんと低下します。食べづらい兆候が出たらすぐに次のステージ(かむ力・飲み込む力を必要としない)の介護食に移行してしまうと、どんどんと嚥下機能が低下してしまう可能性もあります。食べづらい食事を無理に食べさせるのは危険なのでいけません。しかし、食べるときの姿勢を改善したり、嚥下能力をあげるための嚥下体操や舌運動を行ったりすることで食べづらさが改善できる場合もあります。
すぐに介護食を変えることで対応するのではなく、身体の持っている機能を保つ・もしくは改善させる工夫も行うようにしましょう。

お届け可能なサービスを探す
お届け先の郵便番号を入力してください。
お届け可能なサービスを探す
お届け先の郵便番号を入力してください。
WEB限定 お弁当を注文された方に全員にあんしん相談室からカップみそ汁プレゼント!!WEB限定 お弁当を注文された方に全員にあんしん相談室からカップみそ汁プレゼント!!