ソフト食とは?見た目そのままで食べやすい介護食

ソフト食(やわらか食・軟菜食)は、噛む力や飲み込む力が弱くなった方向けの食事です。やわらかく、しっかりと形があるため、摂食嚥下障害のある方にも食べやすい形態です。ソフト食の特徴・ソフト食とするタイミング・自宅で調理の時のポイントを紹介します。

【ソフト食(軟菜食/やわらか食)とは?】

ソフト食(「やわらか食」や「軟菜食」とも呼ばれています)は、歯茎や舌でつぶせるくらいのやわらかさにした食事のことを言います。やわらかくなっていることで噛みやすく、さらにすでにまとまっている状態(食塊)のため、飲み込むこともスムーズに行うことができるのです。
ソフト食は、食材を煮込んだり、茹でたりすることでやわらかくしているものもあれば、食材をミキサーなどにかけてもう一度固めて元の形状に仕立てているものもあります。前者を軟菜食、後者をソフト食と呼ぶ場合もあります。
いずれの調理方法にしても、ペースト状になっておらず、食べ物の原型が残っている(または形成されている)ことが特徴といえます。

【やわらかさはどれくらい?ソフト食の細かい分類】

ソフト食と言っても、やわらかさは様々あります。 ユニバーサルデザインフードやスマイルケア食では、容易にかめる・歯ぐきでつぶせる・舌でつぶせる・かまなくても良い、の4つの区分があります。 具体的な食品である豆腐で例えると、それぞれ下記のようなやわらかさです。

  • ・容易にかめる食品:焼き豆腐
  • ・歯ぐきでつぶせる食品:もめん豆腐
  • ・舌でつぶせる食品:絹ごし豆腐
  • ・かまなくても良い食品:粒のあるペースト状

一概にソフト食といっても、食べる人のお身体状態によってスムーズに食べられるやわらかさは異なってきます。どの程度のやわらかさであればスムーズに食事をとることができるのかを確認することが大切です。

【どうなったら食べれば良いの?ソフト食に向いている人】

ソフト食は、かむ力(咀嚼機能)・食べ物をまとめる力(食塊形成)・飲み込む力(嚥下機能)が弱くなった人つまり摂食嚥下障害(せっしょくえんげしょうがい)がある人に向いています。 ご自身またはご家族、周りの方で下記のような症状がないかチェックしてみましょう。

  • ・食事中や食事後にむせたり咳き込んだりする。
  • ・体重が減った
  • ・食事の好みが変わった
  • ・食べ物を飲み込んだ後にも口の中やのどに食べ物が残っている感じがする
  • ・食事の時間が伸びた
  • ・食事後に声がかすれたりがらがら声になったりすることがある
  • ・よだれが多くなった
  • ・かたいものが噛みにくいと感じる

1つでも当てはまるものがあると、摂食嚥下障害の疑いがあります。その場合には、早めに病院に相談したり、食事の内容をお身体状態にあったものに変えてみることをオススメします。

【手間はかかる?ソフト食を自宅で作る方法】

ソフト食を自宅で作るときにはいくつか気をつけるポイントがあります。

・食材は「やわらかい食材」を選ぶ

噛む力や飲み込む力が弱くなった人にとって食べやすい食材は「やわらかい食材」です。野菜は繊維の少ないもの、肉や魚は脂肪の多いもの(病気のある方はご注意ください)です。

・野菜は「切り方」に注意

繊維の多い野菜も、切り方によっては食べやすくすることができます。野菜をソフト食として使う時に注意することは、口の中に残りやすい皮をきちんとむいてあげることと、繊維と直角に切ることです。繊維と直角に切ることで加熱したときにやわらかい食感になるので、繊維の向きに注意して調理をすると良いでしょう。

・お肉は「脂身があるもの」を選ぶ

脂身があるお肉は身体によくないと思われるかもしれませんが、食べやすさを考えると赤身よりも適度に脂身がある方が食べやすいのです。脂がほどよく溶けだし、のどごしが良くなるからです。 赤身などのかためのお肉は、筋を切ったり、叩いたりすることでやわらかくすることができます。ひき肉を使う時には、ぽろぽろになって口の中でまとまりづらくなってしまわないように卵などのつなぎを使うようにしましょう。

・魚は「脂質が多いもの」を選んで、口の中でばらばらにならない工夫をする

脂身が少ない魚はぱさぱさになりがちです。そのため、魚も脂質が多いものを選ぶのがおすすめです。魚は加熱するとぽろぽろになりがちなので、脂が多い魚を使うようにしましょう。また、魚には骨があるので要注意です。骨はなるべく取るようにしましょう。
調理方法も、蒸す、すりつぶしてつみれにする、煮込む、など様々な方法があるので、食べる方の状況に合わせて工夫を行いましょう。

自宅でソフト食を作ろうと思うと、やわらかくするために時間をかけて煮込んだり、ミキサーにかけてペースト状にしてまたまとめたり、手間はかかります。普通の食事を作るよりも時間もかかるでしょう。 身体の状態をかんがえるとソフト食にする必要はあるけど、自宅で作っている時間がない、作れない、という方は市販のソフト食や、高齢者向けの宅配弁当・宅配食事サービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

ソフト食と言っても、やわらかさの度合いから、調理方法まで様々です。食べる人の噛む力や飲み込む力に合った食事でなければ、うまく食べることができずに誤嚥や、低栄養につながってしまう場合もあります。 安全に楽しく食事を行うためにも、歯ぐきでつぶせる程度が良いのか、舌でつぶせる程度が良いのかを見極めて食事のタイプを選びましょう。

お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
お弁当をお届けできる店舗を検索します
お届け先の郵便番号を入力してください。
WEB限定 お弁当を注文された方に全員にあんしん相談室からお茶1本プレゼント!!WEB限定 お弁当を注文された方に全員にあんしん相談室からお茶1本プレゼント!!